All Articles

tmuxのステータスバーをカスタムした

はじめに

久々にtmuxのステータスバーを弄ったのでブログに残しておく

img

設定

テーマは Solarized Dark を使用している

表示している内容

  • ホスト名(ローカル名あり)
  • セッション
  • ウィンドウ
  • ペイン
  • ネットワーク状況
  • バッテリー
  • オンラインステータス
  • CPUとRAMの使用状況
  • 日付

使用しているプラグイン

プラグインマネージャーにtpm使用している

バッテリー状況の表示
tmux-plugins/tmux-battery

オンラインステータスの表示
tmux-plugins/tmux-online-status

CPU, RAM, GPUの使用率の表示
tmux-plugins/tmux-cpu

ネットワークの表示
xamut/tmux-network-bandwidth

.tmux.conf

設定

##########################
# ステータスバー
##########################
# 左パネルを設定する
set -g status-left-length 100  #文字の長さ

# 右パネルを設定する
set -g status-right-length 250

# リフレッシュの間隔を設定する(デフォルト 15秒)
set -g status-interval 1

# ウィンドウリストの位置を中心寄せにする
set -g status-justify centre

# ヴィジュアルノーティフィケーションを有効にする
setw -g monitor-activity on
set -g visual-activity on

# ステータスバーを上部に表示する
set -g status-position top

左ステータスバー

左ステータスバーには、
ホスト名とセッション、ウィンドウ、ペインを設定している

# 左ステータスバー
set-option -g status-left ' \
#[fg=cyan]#{?client_prefix,#[reverse],} #H   \
#[fg=green]Session: #S \
#[fg=yellow]Window: #I \
#[fg=cyan]Pane: #P
'

右ステータスバー

右ステータスバーには、
ネットワーク状況、バッテリー、オンラインステータス、CPUとRAMの使用状況、日付を表示している

terminalで使用しているフォントがRictyでbandwidthの矢印が数字とかぶってしまうため少し調整して表示している

# bandwidthの矢印の位置を変更
set-option -g @tmux-network-bandwidth-padding 9

# 右ステータスバー
set-option -g status-right ' \
#[fg=white] #{network_bandwidth} | \
Battery: #{battery_icon}  #{battery_percentage} | \
Online: #{online_status} | \
CPU: #{cpu_percentage} #{cpu_temp} RAM: #{ram_percentage} | \
%Y-%m-%d (%a) %H:%M:%S
'