All Articles

MacbookPro16inch 開発環境構築

概要

前回の続きで、今回は開発環境構築メモ

主に必要アプリと言語のインストールとterminal環境の構築

catalinaからzshがデフォになった。

エラーは別記事にまとめる

環境

macOS Catalina version 10.15.2


MacBook Pro (16-inch, 2019)

構築

エディタはJetBrainsの製品を使ってる。

Xcode

App Storeでxcodeをインストール

% xcode-select --install 
% sudo xcodebuild -license accept

隠しファイルを表示

% defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE
% killall Finder

ssh

前回のPCから秘密鍵を持ってきて権限を変更

% chmod 700 .ssh
% cd .ssh
% chmod 600 *

sudo時にtouch idを使う

% sudo su - 
% vim /etc/pam.d/sudo
auth       sufficient     pam_tid.so 

Terminal

terminal環境は、 tmux+neovim+zsh

デザインは、solarized に統一してる

vimとtmuxのデザインはプラグインで管理しているのでterminalのデザインだけcloneし、適応する。

ターミナル -> 環境設定 -> プロファイル -> 追加

dotfilesで管理してたのでやることはほとんどなかった

インストール

homebrewを、まずインストールする

https://brew.sh/index_ja

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

tmux、neovim、vim、zshをインストールし、デフォシェルをzshに変更

% brew install zsh tmux vim  neovim
% chsh -s /usr/local/bin/zsh

dotfiles

自分のdotfilesをcloneし、シェルを実行する。.gitconfigを設定するか前回のPCから持ってくる。

git clone git@github.com:Yz-2/dotfiles.git
cd dotfiles
./install.sh

zsh

.zshenvでpathを指定してる .zshrcは.zsh内の分割した.zshファイルを読み込んでいるanyenvは起動に時間がかかるので遅延読み込みをしている

tmux

設定は全部.tmux.conf プラグインは.tmux/

プラグインマネージャーはtpm

prefix + I : プラグインインストール

prefix + U : プラグインアップデート

nvim

neovim + dein.vim を使用 dein.vimがなければ自動でインストールされる

言語インストール

言語のインストールは〇〇envでバージョン管理する

インストールする言語は今のとこ以下のものだけ

  • Golang
  • python3
  • python2
  • ruby
  • node

Pathの指定は.zshenvに記述済み

また初期化処理は遅延読み込みをする。zshの起動が遅くなるので。

Golang

% brew install --HEAD goenv
% goenv install -l
% goenv install 1.13.5
% goenv global 1.13.5
% goenv rehash
% go version
go version go1.13.5 darwin/amd64

Python

% brew install pyenv 
% pyenv install -l
% pyenv install 3.8.0
% pyenv install 2.7.17
% pyenv global 3.8.0 2.7.17
% pyenv rehash
% python -V
Python 3.8.0
% python2 -V
Python 2.7.17

Ruby

% brew install rbenv ruby-build
% rbenv install 2.6.5
% rbenv global 2.6.5
% rbenv rehash
% ruby -v
ruby 2.6.5p114 (2019-10-01 revision 67812) [x86_64-darwin19]

node

% brew install nodenv
% nodenv install 13.2.0
% nodenv global 13.2.0
% nodenv rehash
% node —v
v13.2.0

まとめ

dotfilesで管理していたので結構楽に構築できた。ワンライナーで全自動で構築できるようにしたい。

golandなどのエディタは手動で入れていく。