All Articles

Fabricを使用してマイクラのmodサーバーを立てる 1.17.1

はじめに

前回の記事の続き的な?

Ubuntuでマイクラのバニラサーバーを立てる

あくまで自分用のメモです

fabricという前提modを使用します

Fabric | The home of the Fabric mod development toolchain.

環境

環境
マイクラ 1.17.1
Ubuntu 20.04
java16
fabric

構築

以下を使用する use | Fabric

java16はインストール済み (前回の記事参照)

インストーラーの導入と実行

$ wget -O fabric-installer-0.7.4.jar https://maven.fabricmc.net/net/fabricmc/fabric-installer/0.7.4/fabric-installer-0.7.4.jar
$ java -jar fabric-installer-0.7.4.jar server -downloadMinecraft

インストーラーを実行するとfabricサーバーやmodsディレクトリなど必要なものがダウンロードされたり生成されます

modサーバー本体は fabric-server-launch.jar です

server.jar はそのバージョンのバニラサーバーです

mod導入

必須mod導入

必須となってるmodは fabric-api です

Fabric API - Mods - Minecraft - CurseForge

fabric-apiをダウンロードして mods ディレクトリ内に配置します

方法は何でも良い

自分はローカルでダウンロードして scpコマンド でアップロードしました

入れたいmod導入

Modpacks - Minecraft - CurseForge

上記のサイトで入れたいmodを調べて mods ディレクトリにいれる

サーバー再起動

systemdに登録してないなら以下のコマンド

$ java -Xms4096M -Xmx4096M -jar fabric-server-launch.jar nogui

systemd経由なら、

前回の記事のシェルの server.jarfabric-server-launch.jar に書き換える

$ systemctl stop minecraft_server
$ vim minecraft.sh
$ systemctl daemon-reload
$ systemctl restart minecraft_server

まとめ

たぶんこれくらいの作業でできたはず

正確にメモを取ってたわけではないので再現できるかはわからない