All Articles

分けて使っていたAppleIDを1つにした

はじめに

もともとAppleIDをMacとIPhone別々で使用していたが、Macで使用していたIDに統一したかったのでまとめた。

IPhoneでは音楽や映画、アプリなどに課金してた。Macでは有料アプリを数個買っていた。
しかし、IPhoneで購入したコンテンツをIDを変えてしまったら再度購入しなければいけないのか、と調べていたところファミリー共有という機能を知った。
ファミリー共有とは、ファミリーとして設定したAppleID内で購入したコンテンツを共有できる機能だ。

ファミリー共有さえ設定すれば今まで購入したコンテンツを共有できることを知ったのでやってみた。

そのときに行った作業のメモを残しておく。

環境

  • Mac
  • IPhone
  • Macで使用しているAppleID
  • IPhoneで使用しているAppleID

MacとIPhone ともに、Macで使用しているAppleIDに統一するため、IPhoneからサインアウトし、再度MacのIDでサインインし直す。

作業

作業内容を大まかにまとめると、

  • バックアップ
  • サブスク解除
  • ファミリー共有
  • サインアウト
  • サインイン

以下、メモ

バックアップ

なにか起こってもいいように、まずIPhoneのバックアップをMacに取った。

サブスク解除

バックアップを取り終わったあと、IPhoneで加入していたサブスクなどを全部解除した。これをしないとあとでエラー出る。
MacのIDで登録し直す。

ファミリー共有設定

サブスクの解除が終わったあとは、ファミリー共有の設定をした。MacのAppleIDを管理者にして、IPhoneのIDはそのファミリーとして登録した。

ファミリー共有とは

App Store で購入した App や、その他の購入済みの音楽、映画、テレビ番組、ブック、Apple Music のファミリーサブスクリプション、Apple Arcade のサブスクリプション、Apple News+ のサブスクリプション、Apple TV チャンネルのサブスクリプション、Apple TV+ のサブスクリプション、iCloud ストレージプランなど、対象となるコンテンツを共有できます。

サインアウト

ファミリー共有の設定が終わったらIPhoneからサインアウトし、MacのIDでサインインする。
その際にIPhoneを探すをオフにするためにパスワードを求められる。またICloudにバックアップするかも求められるのでバックアップする。

サインイン

MacのIDでサインインが済んだら、IPhoneのIDで購入していたコンテンツが共有できるかを確認。
確認ができたら、登録解除をしたサブスクに再度登録する。

まとめ

今の所、特にエラーもなくできたので満足している。
今までずっとやろうと思っていた作業を終わらせることができてよかった。

とりあえずメモとして残しておく。